<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

カングーのオイル交換

ふと気がつくとカングーのオイル交換時期が過ぎていました。
車検や故障修理が続いたのですっかり忘れていました。

今回もオイルはシェブロン シュプリーム 10W-40です。
b0046572_17193632.jpg


フィルターも交換しました。
MANNフィルター。
b0046572_172119100.jpg


いつもオイル交換は上抜きばっかりです。
b0046572_17221964.jpg

[PR]

by q2338q | 2011-08-18 17:22 | カングー  

カングーの修理完了

カングーのオルタネーター故障による
緊急修理が完了しました。
走行距離は44,000km 

交換部品は
・オルタネーター(レギュレタ故障)
ついでに交換した
・タイミングベルト(劣化なし)
・タイミングベルトテンショナー(問題なし)
・タイミングベルトプーリー(問題なし)
・ウォーターポンプ(問題なし)
・ドライブベルト(ひび割れ有 交換時期)
b0046572_165149.jpg

b0046572_165545.jpg

テンショナーのベアリングに中国製の部品が使用されています・・・。
こういう大事な部品は安物を使用してほしくないですね。

追加で
・エンジンマウント(上)
封入されていた液が漏れています。
b0046572_1663160.jpg

これも2万円以上する高価な部品。
耐久性が無さすぎます。

実際に5年目44,000kmで寿命が来ていたのは
ドライブベルトとエンジンマウントでした。
オルタのプーリーもまだ異常なしでした。

これでしばらくは安心かな。
[PR]

by q2338q | 2011-08-14 16:09 | カングー  

カングーのオルタネーター故障

カングーのオルタネーターが故障しました。
車検場からの帰り道に立ち寄った店の駐車場で
バッテリーあがりの症状が・・・(;_;)

30分後再度始動を試みるとなんとかエンジン始動。
依頼していたJAFをキャンセルしてユーロフランセへ。

診断結果はオルタネーター本体の故障。・・・プーリーじゃなくてぇ?本体ィィ?
夏休みも近いのでオルタを緊急手配です。
現在44000Km。この際だからタイベル・ウォーターポンプも
部品が手元にあることだし交換することにしました。

オルタネータープーリーの故障は想定していたのでソリッドのプーリーは
準備しておいたのですが本体の故障は想定以上でしたw。
不幸中の幸いは車検ラインで不動にならずに済んだことと
旅行先で故障しなくて済んだことでしょうか。
b0046572_2073725.jpg

b0046572_209237.jpg

あす引き取りに行きます。
b0046572_2082672.jpg

[PR]

by q2338q | 2011-08-08 18:55 | カングー  

トゥインゴのウォーターポンプ交換その2

先週、ウォーターポンプをエンジンに締結している
M6ボルトが2本折れて中断していた作業を再開しました。
修復計画はばっちり(?)できたのでいざ作業開始。

まずは残り5本のボルトを外します。・・・追加で1本折れました。
結果は4勝3敗。
さて折れ残った3本のボルトをどうするか・・・。
1.ボルトに穴をあけてエキストラクターをつっこんで外す。
・・・ワークスペース不足とエンジン積んだままじゃムリ。却下。
2.ウォーターポンプ本体をゆすったり叩いたりして錆ついた
ボルトと本体の固着を解消する。・・・2本は緩んだ。あと1本がしぶとい!
3.ボルト穴周辺のブロックを破壊。のこぎり、貫通ドライバー、ドリルを
駆使して後戻りできない領域へ。やっとボルトを残し本体の取り外し成功。
約6時間の苦闘の末の事でした。
のこったボルトはスタッドボルトリムーバーで軽く抜けました。
写真なんて撮る余裕がなかったので取れたところから紹介します。
すでに残ったボルトは除去してあります。
b0046572_22262473.jpg

ブロックが砕かれています。苦労しました。
b0046572_22275890.jpg

新旧の比較(インペラの材質が真鍮から鋳造に変更)
b0046572_22292914.jpg

プーリーもプレス品から鋳物に変更。(ちょっとカッコイイ)
b0046572_22315436.jpg

取り外したハウジングは再使用して新品のプーリー側と組み付け。
b0046572_22335152.jpg

ここで時間と気力と体力が無くなったので作業は中断。
2日後、落ち着いたところで丁寧に破壊したあとの切粉などをプーリーや
ベルトから除去していよいよ組み付け。
b0046572_22375439.jpg

クーラントを補充してエンジン始動!
b0046572_22405743.jpg

エア抜きとクーラント漏れ、ベルトなどの様子を見て
めでたく完成(復活)しました。
ベルト周辺の異音は無くなってい静か?なエンジンに
生まれ変わりました。
トゥインゴのベルトは少し緩めに張るとの記事も参考にして
若干緩めに張ってみました。

大変な作業でしたがいい経験になりました。
倹約と願望が人のスキルを向上させるのですねぇー。
[PR]

by q2338q | 2011-08-07 22:24 | トゥインゴ